welcome back! Yokohamanila Symposium

The book Flyover: YokohamaManila chronicles the month long residency in Manila of Jun Homma and Yumiko Ishihara together with their residency partners Don Dalmacio and Con Cabrera. The book also presents their residency output in a unique way: disguised as a travel guidebook.

This project also commemorates the first time for the Koganecho Management Center to bring Japanese artists and researchers outside of Japan for their artist-in-residency program and the first time 98B Art COLLABoratory to host a artist-in-residency program.

Date: October 27, 2012

Venue: Studio under the railway bridge, Koganecho Area Management Center, Yokohama Japan

Time: 1:00pm to 3:00pm

Koganecho Bazaar Passport required

Presenters: Jun Honma (artist), Yumiko Ishihara (architect, studio BO5), Mimi Tecson (artist)

This program is kindly granted by Japan Foundation, Pola Arts Foudation

 

「Flyover: YokohamaManila」(高架道路:ヨコハマニラ)は、本間純(アーティスト)、石原弓子(建築家)、ドン・ダルマチオ(アーティスト)、コン・カブレラ(アーティスト)による、マニラでの1ヶ月間のレジデンスの様子をまとめた記録集です。それぞれの視点からレジデンスの様子が描き出された、観光ガイドブックを装ったアートブックです。

また、横浜・マニラ交流レジデンス・プログラム「Flyover:都市の視覚共通言語を探る」は、黄金町エリアマネジメントセンターの企画による、初の日本人アーティストの海外派遣事業であり、98B Art COLLABoratoryの初のレジデンス事業となりました。

このトークでは、日比のアーティストの体験談を通して、レジデンスの可能性と異文化交流について意見交換を行います。

 

日時:2012年10月27日(土)13:00 – 15:00

会場:黄金町エリアマネジメントセンター高架下スタジオSite-D

*入場には「黄金町バザール2012」のパスポートが必要です。

プレゼンター:本間純(アーティスト)、石原弓子(建築家)、ミミ・テクソン(アーティスト)、他

助成:国際交流基金、公益財団法人ポーラ美術振興財団

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: